w
  • 買取コラム
  • いらなくなった厨房機器、処分の方法は?
COLUMN

買取コラム

いらなくなった厨房機器、処分の方法は?

2019.07.17

厨房機器

買取コラム

不要になった厨房機器をどうすればいいか。

飲食店経営の経験者ならば一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

厨房の処分

厨房処分に悩む男性

■粗大ゴミとして捨てる

飲食店には欠かすことのできない業務用の厨房機器。
プロ向けの調理器具のため、購入する際はとても高価ではないでしょうか。
そんな厨房機器を処分するとなると、どうして良いか分からないのではないでしょうか。

新しく買い替えたり、飲食店を閉店する際に厨房機器を処分する必要があります。
普通のゴミとして処分することができません。
そこでまず思いつくのが、粗大ゴミとして捨てる方法です。

厨房機器ゴミ

厨房機器を粗大ごみに

自治体が指定した処分方法で粗大ゴミとして処分することができます。
粗大ゴミとして処分する際には処分費用がかかります。
自治体によって処分費用は異なりますし、物によっても異なりますが、一つの厨房機器につき数百円~数千円の処分費用がかかります。
まだまだ使用できる厨房機器を粗大ゴミとして捨ててしまうのに抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
さらに、粗大ゴミとして自治体による処分をする際は、自分で処理場に搬入しなくてはなりません。
中には処分不可能なものもあるので注意が必要です。

■回収業者を利用する

自治体で処分不可能な厨房機器は、回収業者に依頼して処分してもらうのが一般的です。
回収業者は、厨房機器だけでなく、さまざまな粗大ゴミを回収してくれる業者です。
回収されたものは、業者が責任を持って処分することになります。
回収業者は民間の業者のため、業者によって費用に違いがあります。
自治体とは違い、指定する場所まで厨房機器を引き取りに来てくれるのですが、出張費や回収費が処分費用の他に加算されるため、決して安いとは言えません。
厨房機器の中には業務用冷蔵庫もあるでしょう。
業務用の冷蔵庫は、産業廃棄物として処理する必要があります。
そのため、産業廃棄物収集運搬業の許可を持っている業者に依頼しなくてはなりません。
業務用冷蔵庫はフロン回収が必要です。
産業廃棄物収集運搬業の許可を持っている専門の業者なら、フロン回収もきちんと行ってくれるので安心です。
業務用冷蔵庫の処分を専門の回収業者に依頼する場合、サイズによって異なりますが、1~2万円ほどかかると考えておきましょう。

ただ回収業者に厨房機器の処分を依頼する際に注意しなくてはならないことがあります。
それが悪徳業者の存在です。

違法業者の実態

回収業者は基本的に市町村の許可がなければ営業することができません。
しかし、中には無許可で営業を行い、違法に粗大ゴミとして回収する業者がいます。
それがいわゆる悪徳業者です。
悪徳業者は、回収したゴミを不法投棄したり、違法な方法でゴミを処分するなどしていることが多いようです。
仮に悪徳業者が不法投棄をしたものに、元々の持ち主が分かるものが付いていたりすると、元々の持ち主に連絡が来たり、最悪は罰金などが科せられてしまいます。
そのため、環境省も無許可の廃棄物回収業者に対し注意勧告を行っています。

■買取専門店に売る

必要なくなった厨房機器の処分方法として今注目されているのが買取専門業者の存在です。
現在、厨房機器を買取ってくれる業者は増えているようです。
厨房機器を買取った業者は、中古市場で販売します。
リサイクルショップなどで買取してくれる可能性はありますが、厨房機器は買取専門業者に依頼するのがおすすめです。
自宅や店舗まで直接査定に来てくれますし、厨房機器を専門に買取りしていることから、よりスピーディーに取引が完了するので安心です。
必要なくなった厨房機器であっても、購入した時は高かったはずです。
そのため、少しでも現金化できればと考えている方も多いのではないでしょうか。
飲食店市場でニーズのある業務用冷蔵庫や製氷機をはじめとした中古の厨房機器の売買を専門にしてる業者は、必要なくなった厨房機器を適正価格で買い取ってくれます。
仮に市場価値のない厨房機器があっても、一緒に引き取ってくれるので、手間なく片付くでしょう。
査定額を少しでも高くしたいとお考えの場合は、査定をしてもらう前に綺麗に掃除をしておきましょう。
厨房機器は食品に直接触れるものですから、綺麗な方が査定額がアップします。
特に油汚れがつきやすいものは、より念入りに掃除をしておくことをおすすめします。
取り扱い説明書や付属品も残っているのであれば準備しておきましょう。
業者によっては、どんなに綺麗な状態であっても、あまりにも古いものの場合、買取不可になることもあるかもしれません。
そんな時は、できるだけ無料で引き取ってもらえるように交渉してみましょう。
業者が出した査定額に納得すれば契約成立です。
厨房機器の運び出しは全て買取業者が行ってくれるので特に準備しておく必要はありません。

 

■まとめ

いらなくなった厨房機器の処分方法をご紹介しましたが、やはり一番良いのが買取専門店に売ることではないでしょうか。
こちらからお金を支払って処分してもらったり、悪質な粗大ゴミ回収業者に騙されないためにも、買取店が一番ベストなのではないかと思います。
賢く、そして手間なく処分できる買取専門店の利用をおすすめします。

査定依頼・お問い合わせ

一度査定をしてほしい、これは買い取ってもらえるかな?
そんな疑問をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

  • 町田店 | 機械工具

    0120-031-909

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 町田店 | 厨房機器

    0120-031-606

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 町田店 | オフィス家具

    0120-031-707

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 足立店

    0120-031-955

    9:00-18:00 日曜・祝日定休