w
COLUMN

買取コラム

【東京での機械工具買取のコツ「発電機編」】高く売るには何が重要?

2021.09.21

機械工具

買取コラム

東京にて工事会社を経営している方で、下記のようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいますか?

「機械工具である発電機が古くなってきた」「機械工具を売って買い替えたい」「機械工具を高く買取してもらいたい」

機械工具である発電機は、消耗が激しく、古くなると買い替える必要があります。

そんな時、少しでも高く買取をしてもらって買い替えの際の足しになったら嬉しいですよね。

今回は、機械工具である発電機を東京で高く売る方法について紹介します。

回収とは何が違う?東京で発電機を高く売るには機械工具買取の利用がおすすめ

  • 廃品回収に出す
  • 買取業者に出す

発電機には上述の2通りの処分方法が存在し、東京で発電機のような機械工具を高価で買取してもらうには、後者の買取業者を利用することがおすすめです。

どのような違いがあるのか、どうすれば高く売ることができるのかを紹介しますので、東京で発電機の処分を検討中の方は参考にしてみてください。

1. 廃品回収に出す


東京での処分方法の一つ目は廃品回収に出す方法で、処分費用の相場として、通常1,000円〜5,000円程度がかかることが多いです。

処分の流れとしては、他の機械工具を回収してもらう時と同様、以下の2点を行う必要があります。

  • 発電機の中身をきれいにする
  • ガソリンを処理する

発電機の中身をきれいにする

ガソリンやオイルを利用して機械を稼働させる発電機には、ガソリンが残っているケースが多いです。

しかし、ガソリンが残っていれば粗大ゴミとして回収してもらうことはできませんので、中に残っているガソリンを抜く必要があります。

ガソリンを抜く作業は、発電機のタンクに残るガソリンを、吸水ポンプを利用してガソリン専用のタンクへ移すというだけの簡単な作業で、これが完了すれば、不用品回収業者に回収してもらうことが可能です。

ただし注意点として、使用する吸水ポンプは必ず手動式にするようにしてください。

電動式のポンプを使用すると、静電気が発生してガソリンに引火し、発火事故に繋がる危険性もあるためです。

ガソリンを処理する

ガソリンを抜くことができれば処理をする作業に移ります。

ガソリンの処理の仕方としては、発電機の回収と同時に回収してもらうこと、ガソリンスタンドに引き取ってもらうことなどの方法があります。

この際の注意点として、ガソリンを灯油用のポリタンクや携行缶で処理することは禁じられているため、必ずガソリン専用のタンクで運搬・回収依頼をするようにしてください。

また、新しいガソリンが入っているタンクに古いガソリンを混ぜることもしてはいけません。

使い古したガソリンは新品のガソリンと違って劣化が進んでおり、混ぜてしまうと、そのガソリンを給油した機械が作動しなくなるという可能性があるためです。

ですので、発電機からガソリンを取り除く際には、必ず、空のガソリン専用タンクに移すことを徹底し、廃品回収業者やガソリンスタンドに処分を依頼するようにしてください。

2. 買取業者へ出す


東京での処分方法の二つ目は機械工具買取を利用するということです。

東京では中古の機械工具の需要が高いということもあり、費用を払って処分するだけでなく、買取をしてもらって利益を出すということも可能となります。

機械工具買取に出せる製品例としては、

  • インパクト
  • 電動鋸
  • 刈り払い機
  • 釘打ち機
  • エアコンプレッサー
  • 発電機

などが挙げられます。

東京で機械工具買取を利用する際には、意識することで高く売ることに繋がるポイントが3つありますので、以下、一つずつ解説していきます。

ポイント[1]使用年数

機械工具には減価償却期間が設けられており、使用年数によって買取の値段が変わります。

発電機の減価償却年数は約8年となっており、この年数を超えると買取の値段がつかなかったり、買取額が大きく下がったりしてしまいます。

反対に、使用年数が短ければ短いほど買取額は大きくなりますので、東京で機械工具買取を利用する際は、なるべく早めに買い替えを検討しておくことがおすすめです。

ポイント[2]メーカー

どのメーカーの製品かによっても買取の値段が大きく変わります。

以下、各メーカーの発電機における中古での参考価格となりますが、メーカー次第で価格差が大きいことが明白です。

メーカー 製品・価格(最安値) 製品・価格(最高値)
ホンダ EM26・¥20,000 ET4500・¥81,000
ヤマハ EF900iS・¥26,000 EF5500ISDE・¥101,000
やまびこ IEG900M・¥26,000 IEG1800M-Y・¥61,000
デンヨー GA-2605U3・¥26,000 GE-5500SS-IV・¥101,000

ポイント[3]買取業者

ポイントの3つ目は、買取業者についてです。

どの買取業者を選ぶのかによって機械工具の買取価格は大きく異なります。

買取業者の中には、機械工具についての深い知識はないものの買取を行っているという業者も存在していますが、そのような業者に依頼してしまうと、正しい査定を出してもらえず、相場と乖離した値段での買取となる可能性もあります。

その点、無限堂には機械工具のプロが揃っており、東京での買取実績も豊富なため、東京で機械工具買取を利用しようと考えている皆様にも安心して買取依頼をしてもらうことが可能です。

東京で機械工具買取の利用をご検討中の方は、ぜひ一度無限堂までご相談ください。

無限堂へのお問い合わせ

東京で発電機を処分するなら機械工具買取の活用を!


東京で発電機を処分する際には、機械工具買取を活用することでよりお得に処分を進めることができます。

今回の記事では、東京で機械工具買取を活用する際のポイントを3つ解説していますので、東京で発電機を処分したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

東京で機械工具買取の利用を検討している方は、持ち込みと出張依頼の2つの方法について解説している、こちらの記事もおすすめです。

東京で機械工具の買取するなら持ち込み?出張依頼?買取のコツとは

査定依頼・お問い合わせ

一度査定をしてほしい、これは買い取ってもらえるかな?
そんな疑問をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

  • 町田店 | 機械工具

    0120-031-909

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 町田店 | 厨房機器

    0120-031-606

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 町田店 | オフィス家具

    0120-031-707

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 足立店

    0120-031-955

    9:00-18:00 日曜・祝日定休