w
COLUMN

買取コラム

東京で買取に出す際の参考に!機械工具の法定耐用年数は何年?

2022.03.25

機械工具

買取コラム

東京にて機械工具を買取に出したい方で、耐用年数が気になっている方もいらっしゃるでしょう。

今回は、東京で機械工具を買取に出す際の参考になる、耐用年数をご紹介します。

東京で機械工具を買取したい!気になる法定耐用年数をご紹介

 

 

 

 

 

 

 

金属疲労やサビなどで、劣化が起き、買い替えが必要となる機械工具。

機械工具は、消耗品のため、古くなったら買取に出す方も多くいらっしゃいます。

東京の買取サービスは、古くなった機械工具を処分できる上に、即金を得ることもできる便利なサービスです。

買取で得た即金を使って、新しい機械工具を購入する運転資金にすることもできるため、東京にて機械工具を処分するなら買取サービスを利用したいところです。

みなさんは、機械工具の買取価格は、耐用年数によって変動することをご存じですか。

機械工具には、法定耐用年数というものが存在し、この年数を超えてしまうと買取価格は大幅に下落してしまいます。

そこで今回は東京ではどのタイミングで買取に出すのがいいのかについてご紹介した後、東京にて売れる機械工具とその耐用年数を紹介していきます。

どのタイミングで買取に出すといいの?

 

 

 

 

 

 

 

買取サービスなどで、よく出品されることがある機械工具。

東京にて機械工具を買取に出そうと考えても、適切なタイミングを知らなければ、高値で機械工具を売却できません。

そこで今回は、東京での機械工具のおすすめの買取のタイミングと、その理由について紹介していきます。

おすすめのタイミングとは

東京で機械工具を買取に出すなら、適切なタイミングで買取に出して少しでも多くの運転資金を獲得したいところです。

結論から言うと、機械工具は、耐用年数と同じタイミングで買取に出すことをおすすめします

詳しい理由は以下を紹介しますのでぜひ参考にしてください。

おすすめのタイミングとは

機械工具は、金属疲労や部品の消耗によって劣化が進みやすい傾向にあります。

そのため、機械工具には耐用年数が設けられているのです。

耐用年数は、機械工具が十分な性能を発揮できる期間を想定して設定されており、これを超えると壊れやすくなったり、性能が落ちたりします。

年数を超えた機械工具は故障のリスクが高くなるため、買取に出す際も、耐用年数を超えている製品は売価が大きく下がる傾向にあるのです。

そのため、機械工具を買取に出す際は、耐用年数と同じタイミングで買取に出しましょう。

売れる機械工具とその耐用年数をご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

買取価格が比較的高いのが魅力の機械工具。

今回は、機械工具の中でもよく買取に出されている売れる機械工具について紹介していきます。

また、機械工具の耐用年数も紹介しますのでぜひ参考になさってください。

  • 発電機
  • インパクト
  • コンプレッサー
  • 釘打ち機

発電機

東京にて機械工具の中でも頻繁に買取に出されるのが発電機です。

発電機は、使っている業者が多いため東京では需要が高く、その分高価で売れる可能性があります。

発電機の耐用年数は、どの製品も10年前後です。

耐用年数が比較的長いため、知らない間に耐用年数が過ぎてしまわないように、自身の発電機が今何年目かを把握しておきましょう。

東京にて発電機の高価買取を実現する方法については、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

【東京での機械工具買取のコツ「発電機編」】高く売るには何が重要?

インパクト

ネジ締めや穴あけなど、さまざまなシチュエーションで活躍するインパクト。

インパクトは東京のほとんどの業者が使っている機械工具の一つで、使用頻度が高いため劣化が早く、耐用年数が短いです。

インパクトの対応年数は2~3年で、比較的早いスパンで買い替えをしなければいけません。

製品の状態も、4~5年経ったものは壊れやすく性能も大幅に落ちるため、高価買取を実現するためには早めの買取を心がけましょう。

コンプレッサー

掃除道具として東京では多くの業者に使われているコンプレッサー。

コンプレッサーは、比較的故障が少なく、耐用年数も長いです。

使う用途によっても年数が変わりますが、その耐用年数は10~15年です。

コンプレッサーなどに比べると頻繁に使う製品ではないため、製品の状態を保ちやすく、高価買取も実現しやすいのでぜひ参考にしてみてください。

釘打ち機

東京の建設関係の業者によく使われるのが、釘打ち機です。

釘打ち機は、釘が自動で打てる便利な機械ですが消耗が激しく、耐用年数は3年ほどです。

早いスパンでの買い替えが求められるため、この点は注意しましょう。

機械工具の法定耐用年数を把握して東京で高価買取を実現しましょう!

 

 

 

 

 

 

今回は、機械工具の耐用年数と、東京で買取に出すべきタイミングについてご紹介しました。

ぜひ今回の記事を参考に、東京にて機械工具の高価買取を実現してみてください。

東京で機械工具買取の利用を検討している方は、持ち込みと出張依頼の2つの方法について解説している、こちらの記事もおすすめです。

東京で機械工具の買取をするなら持ち込み?出張依頼?買取のコツとは

査定依頼・お問い合わせ

一度査定をしてほしい、これは買い取ってもらえるかな?
そんな疑問をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

  • 町田店 | 機械工具

    0120-031-909

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 町田店 | 厨房機器

    0120-031-606

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 町田店 | オフィス家具

    0120-031-707

    9:00-18:00 日曜・祝日定休

  • 足立店

    0120-031-955

    9:00-18:00 日曜・祝日定休